ZendFramework2その1

初回はZendDeveloperToolsの導入について
下記サイトからZendDeveloperToolsのZipをダウンロードしてきます。
https://github.com/zendframework/ZendDeveloperTools
ダウンロードできた「ZendDeveloperTools-master.zip」を解凍します。
ZendDeveloperTools-masterをZendDeveloperToolsにリネーム
ZendDeveloperToolsをvendor/配下にコピーします。
ZendDeveloperTools/config/zenddevelopertools.local.php.distをconfig/autoload/にコピーします。
config/autoload/zenddevelopertools.local.php.distをconfig/autoload/zenddevelopertools.local.phpにリネーム
config/application.config.phpを下記に変更します。

で完成あとは画面を開くと下にZendDeveloperToolsが表示されます。
また、DBに接続して実行しているSQLを確認する機能もありますのでこっちも記載します。
下記サイトからBjyProfilerのZipをダウンロードしてきます。
https://github.com/bjyoungblood/BjyProfiler
ダウンロードできた「BjyProfiler-master.zip」を同じく解凍します。
BjyProfiler-masterをBjyProfilerにリネーム
ZendDeveloperToolsをvendor/配下に同じくコピーします。
config/application.config.phpを下記に変更します。

config/autoload/xxxx.php
※xxxxは用意しているDB接続用の設定ファイル名に読み替えてください。
下記はPostgresql接続の場合です。
接続するDBが違う場合は別途読み替えてください。

参考サイト
http://samsonasik.wordpress.com/2012/08/07/zend-developer-tools-zf2-debug-toolbar-install/


One comment to this article

コメントを残す