ZendFramework2その6

前回の続きでValidatorについて書いていきます。
ZF2にあらかじめ用意されているValidatorでは足りない。
独自にValidatorを作りたい!って場合は必ずあると思います。
今回は独自にValidatorを定義する仕方を書きたいです。
全部で2ステップで独自Validator(カスタムバリデータ)を定義できます。
1ステップ目は独自Validatorクラスを定義していきます。
module/Application/src/Validator/XXXXValidator.phpを作成
例としてパスワードのValidatorを作成してみる。

2ステップ目として、Module.phpにDIの設定を追加
module/Application/Module.php

でパスワードValidatorが使えるようになります。
実際の使用例は


コメントを残す