【FuelPHP】[訂正版] Tasksクラスでログの出力先を変更

Tasksクラスで使用するログファイルとWEBサイトで使用するログファイルを別々に管理するときのメモ。
こちらの記事ですが、Windowsでは正常に動作していたのですが、Linuxで動作をした場合に期待通りに動いていませんでした。
失礼しました。。。

Linuxでも期待通りに動作させるにはどうしたらいいのかをメモしておきます。

Config.phpのログを制御している設定をTasksクラスで上書きしてあげればOKです。

前回のコードの修正後はこんな感じになります。

core/classes/log.phpを確認したところ、以下のコードがありました。

//115行目
static::$monolog or static::_init();

一度、monologをインスタンス化していると_init()が呼ばれないため、logの出力先が変更されないようです。
なので、log_pathの設定を変更した後に_init()を明示的に呼び出すことで出力先が変更されました。


Comments are closed