【FuelPHP】Moduleでのリソースについて

FuelPHPのモジュール機能って便利です。以前の記事
そこで、モジュール機能を使ったときにリソースもモジュール単位で使い分けしたいってときのメモ。

設定ファイルだけで簡単に切替することができます。
下記のようにasset.phpファイルをcore/configからコピーしてきます。

fuel/app
┗modules
   ┗module1
     ┣classes
     ┃ ┣controller
     ┃ ┣model
     ┃ ┗presenter
     ┣config
     ┃ ┗asset.php
     ┣lang
     ┗views

あとはモジュールによって中身を修正していきます。
※ 通常は下記のパスだけ修正すれば問題ないと思います。

実際のリソースはpublic/module1/assetsに置いていきます。
※ 共通で使用するリソース(jqueryとか)はいままで通りのpublic/assetsに置いておきます。

fuel/app
 ┗modules
   ┗module1
     ・・・
public
 ┣assets
 ┃  ┣css
 ┃  ┣img
 ┃  ┗js
 ┗module1
   ┗assets
     ┣css
     ┣img
     ┗js

これでモジュールごとにリソースも管理できるようになります。


One comment to this article

コメントを残す